体験ダイビングをするなら慶良間で!

ダイビングといえば慶良間ですよね。体験ダイビングやっています。 - ダイナミックなアクティビティを求めるスポット、慶良間の久場島とは

ダイナミックなアクティビティを求めるスポット、慶良間の久場島とは

慶良間にある阿嘉島より南西にある久場島。
ドロップオフやケーブダイビングなどアクティビティができることで人気があります。
潮の流れが速い分、クレバスやアーチなど豊富に堪能できるポイントも多いです。スポットによってはカラフルな魚が泳いでいるので、撮影などにも最適です。
見どころが多い島なので、興味のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。
久場島はボートで1時間30分はかかる最果ての無人島ですが、ダイビングするには面白いエリアがあります。

ケーブダイビングができる久場西

海底洞窟がある久場西はキャベツのようなリュウキュウキッカサンゴの群生を見ることができます。
洞窟があるので、ケーブダイビングで探索も可能です。
中にはハタンポやアカマツカサが群れているので、水中ライトで照らしながら進みましょう。
水深は最大20メートルと浅いのでビギナーでも楽しむことができます。

地形派には堪らない、久場南キャニオン

最大水深が30メートル。初心者でも潜ることができ、クレバスやドロップオフ、アーチなどは地形派ダイバーには堪らないスポットではないでしょうか。
海底にはウコンハネ貝が光り、ウミガメにも出会うことができます。

地形と大物を楽しむなら紺瀬

甲殻類も生息する紺瀬。
スポットは久場島から南西に位置します。イソマグロやロウジンアジなどの大物やダイナミックな地形が魅力的です。両方とも楽しみたいダイバーにはおすすめです。

最果てだからこそ価値がある

qwehrtrs
那覇からボートでも多少の時間はかかる久場島ですが、他のスポットして隠れ根やカラフルな魚が泳ぐ久場北が潜れるポイントです。
大物やダイナミックな地形を味わえるからこそ、慶良間の最果だろうともダイビングする価値は出てくるのではないでしょうか。
多種多様できるアクティビティがしたいという方にはおすすめなポイントです。
ダイビングやシューケルなどのアクティビティは、慶良間では人気の一つとして、レジャーに挙げられます。
慶良間の海は透明度が高いので、水面からでも魚を見ることができますが、その中でも「クマノミ」と呼ばれるものは、6種類を慶良間で鑑賞することができます。
知る方には有名なクマノミ。マリン系アクティビティに興味があればぜひ探してみてはいかがでしょうか。

線の数で分かりやすいハマクマノミ

シュノーケルなどのアクティビティで探索していると、クマノミの性質上、イソギンチャクの近くで多く見つけることができます。
通常のクマノミは縦に線が2つありますが、ハマクマノミは1つしかありません。慶良間では、数が多くマリンレジャーをしていても、天候が晴れている場合は見つけることができるかもしれません。
また、カクレクマノミは大きな縞模様が特徴的で、何かのキャラクターを想像します。一般的にクマノミよりもカクレクマノミの方が有名ではないでしょうか。

セジロやハナビラクマノミは共同で生息する

セジロクマノミは頭から尾にかけて1つの線が入っています。一方で、ハナビラクマノミはエラの部分に線が入っているのが特徴です。
ダイビングまたはシュノーケルでアクティビティをする際に見かけることがあります。2種類とも同じイソギンチャクを利用するので、発見するのは容易かもしれません。

ダイビングで見つけるトウアカクマノミ

カクレクマノミと似ているようで違うトウアカクマノミ。水深10メートル以上潜水しないとみることできません。
理由は、トウアカクマノミが使うのがイボハタゴイソギンチャクと他のクマノミと異なります。名前の由来は頭が赤いことから。シュノーケルでは難しいので、ダイビングでアクティビティを行う際に探索することをおすすめします。

マリンアクティビティで楽しみながら観察

マリンレジャーの中でもダイビングやシュノーケルは泳ぐのもいいですが、生で特殊な魚が見られるのも醍醐味の一つです。アクティビティで楽しみながら、慶良間の海を潜っていくと珍種な魚が見られる可能性はあります。
楽しくマリンアクティブを行う際は、慶良間ダイビングシーズンをしっかりと調べたうえで行いましょう。

更新情報

アーカイブ

慶良間でダイビング
慶良間有名スポット

Copyright(C)2015体験ダイビングをするなら慶良間で!All Rights Reserved.